MY FAVORITE THINGS

趣味のページ mac iphone DTM logic guitar bass Final cut pro サーフィン スノーボード フォード マツダ カメラ

サロモントレランザックAGILE2 17とTRAIL20比較

time 2016/10/18

サロモントレランザックAGILE2 17とTRAIL20比較

一泊の出張や、トレラン、プールや普段のトレーニング、通勤ランで使えそうなザックを探していた。ブランドも色々ありますが、ハイドレ付きでサロモンのスキンプロ、容量10リッターを持っていて、とてもしょい心地が良かったので、サロモン一択でした。あとは容量なのですが、最初に17リッターを注文しました。


コレはトレラン用で各所にゴムが入っていて荷物の量で中の物が動いたり、体によりフィットするようにできていて、しょい心地はとてもよかったです。また、ファスナーもしっかりしてるし、とろこどころ白も使っているのでかっこいい。ただ、17という容量が中にシューズなんか入れたりすると小ちゃいだろうと思いました。普通に通勤ランや、トレラン等では問題ないと思うのですが、出張や、今後北陸地方でより寒くなるとウォーマーとかも入れないとなるとやはり小ちゃいのではと?


ハイドレにも対応していて専用チャックが横にあります。


正面のショルダー部分にはドリンクホルダーもあります。コレは取り外し可能ですが、そのほかでもラン用に体にフィットさせるための調節する紐等が、普段使いだと少しかさばる感じでした。

両サイドのウエスト部分にはファスナー付きの小物入れとメッシュの部分があります。

こちらはハンカチ、タオル等でしょうか?

体にフィットさせるためのゴム。コレがラン用だと当然いいのですが、普段使いだとちょっと邪魔かも。

背中のクッションは立体的になってて体にフィットします。肩部分もよりフィットさせる為に調節可能
ランと見た目はAGILE2 17に軍配が上がります^_^

TRAIL20の方はやはり容量が17よりもあり、シューズなんか入れても余裕そうだし一泊の出張だと余裕でいけそうです。ただ、17と比べると細部の安っぽさが否めませんw元々定価は20の方が安くほとんどの方は容量が多くて安い20を買うみたいですね。定価は17の方が四千円ほど高いのですが、割引率は売れないからか、17の方が大きく差額は千円ほどとなってしまいます。20の方は基本的に黒一色。専用チャックはありませんが中に一様ハイドレが入れれるところもあり背中の部分からチューブを出せるみたいです。

全体的にシンプルな感じ。背中の部分もあんまり立体的ではありません。ショルダーも通気性は良さそうですが、やはり背負った感じは17に軍配が上がります。しかしながら、消去法とランだけなら10リッターもあるし、今回は普段使いが主になりそうなことから20を選択しました。使い勝手はまたレポしたいと思います^_^

sponsored link

down

コメントする




サーフィン



sponsored link